映画・Babel

前回の終わりで、少し触れましたが、
バベルという映画を見て来ました。

いやぁ~…久し振りに、映画を見ました。

感想一発としては…
「すごかった」。

でしょうかねぇ…。
なんか、あらゆる意味&角度で、「すごかった」って感じです。

一本のライフルを繋がりに、モロッコ、メキシコ、日本を舞台に、
ストーリーは展開していきます。

映画に関しては、無知な私ですが、ストーリー&構成的には、
なかなか良く出来てる映画だと思いました。

ただ…

ただ、私個人的には、目を覆いたくなるような、強烈シーンが…(苦笑)
度々、胃が浮きそうになりました(笑)
おまけに、「手撮り(?)」しているようで、画面が揺れるので、
ちょっと酔いました(笑)

日本では、来年公開されるそうですが、どこのシーンまで放映されるのか、
モザイクでも入るのか、興味深いところでもあります。

日本のニュースでは、「ブラッド・ピット&役所浩司の共演」。
こちらでは、「ブラッド・ピット&ケイト・ブランシェット主演」。
みたいな感じで、取り上げられていますが…
私個人的には、なんと言っても、キクチ・リンコさんでしょう。
彼女は、役所浩司の娘役で出演していましたが…
彼女の映画での存在感は、際立つものがあります。
すごかったです。

他の出演者の方も、個性的で、興味深いものがありました。
たまに、これって、「素」じゃないの?って思わせるくらい…。

というわけで、こちらでは、11月10日より、公開されるそうです。
日本の皆様は、楽しみに(?)お待ち下さい。

日本を「Last Samurai」のイメージで抱いていたコチラの人には、
驚くべき日本を見て頂く事になりそうです。
[PR]
by cz007 | 2006-11-05 02:09 | life
<< おいた。 ハロウィン職人。 >>